blog index

P.S.君だけだよ

長澤知之メイン&日常あれこれ日記
<< EXISTAR 感想  | main | 千載一遇のチャンス=長澤知之インストアライブ  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
EXISTAR 感想 ◆.┘鵐疋譽后.螢圈璽
長澤知之くんのミニアルバム「EXISTAR」二番目は
「24時のランドリー」

最初に聴いたのは「わんまんり」(doguuのライブれぽ長澤くんのライブ参照)
で、その時はソックスじゃなくってシャツとか会議とかって言葉が出ていたから
てっきりサラリーマンの歌かと思ってたら、そのうちシャツはネクタイになって
ソックスになった。
そうしたら、長澤くんの日常みたいな歌になってた。 

初めて歌が成長してゆく過程を見せて(聴かせて)もらった気がした。
そうか、こんなふうに変っていってひとつの歌が出来上がるのか・・・

コンビニのルクスの量=明るさに引き付けられていくってこと?
彼の言葉の選び方がすきだ。

何も無いけど僕らは日々 知らないだけで擦り減ってるんだ
何も無いけど僕らは日々 見えないだけで褪せ落ちているんだ

不用意に聴いてしまったら、自分のコンディションによっちゃ
号泣してしまいそうなフレーズ・・・・・

だけれど

「分からない」

で終わっているけれど
決して暗くない、むしろ新しい朝に歩き出しているように聴こえるのは、
彼の声と彼のメロディーの不思議なあったかさなんだ。

歌が終わった後に少しして入るピアノの音は

早朝の都会の
誰もいない道を散歩する
長澤くんの足音のように聞こえた。。
| doguu | 長澤知之 vol.1 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:45 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://doki-doguu.jugem.jp/trackback/147
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

bolg index このページの先頭へ